スエード以外の革
1.表面のほこりなどを、乾いた布(使い古しのTシャツ等)でふき取ります。 縫い目の部分は、汚れや詰まったほこりなど落とすのに、歯ブラシが便利です。


2.革は、乾燥すると、ひび割れなどの原因になります。
適度な脂分が必要ですので、市販のミンクオイルなどのオイルや革用クリームをお使い下さい。
なお、革によってはつけすぎるとシミになりますので、目立たないところで試すなどの注意が必要です。(ソフトレザーはシミになりやすいため、特に注意が必要です。)
ベジタブルレザー(ヌメ革)は、シミのように見えたりする場合もありますが、使用とお手入れを繰り返しているうちに目立たなくなり、革全体に光沢が出て、色に深みが出ます。

【使い方】

柔らかい布にオイルまたはクリームを少量だけ取り、薄くのばしながら全体に均一に塗布してください。塗った後は、少し時間を置いて馴染ませ、柔らかい布などで乾拭きを行います。
ベジタブルレザー(ヌメ革)は色に深みが増してきます。
※必ず少量ずつお使い下さい。

革用クリーム

薄くのばしながら全体に均一に塗布してください



3.水にぬれるとシミになりますので、市販の革用防水スプレーでガードすることをお勧めします。
ご使用の際は、全体にまんべんなくスプレーしたあと、しばらくおいて馴染んできたら柔らかい布で乾拭きしてください。
防水スプレーは、防水効果はもちろんですが、汚れ防止にもなります。
使用頻度により異なりますが、最低でも月に一度スプレーしてください。
防水スプレーを使用しているからといって、水濡れを放置すると徐々に染み込んでいきますので、雨などでぬれた際は、必ずすぐにふき取ることが肝心です。
なお、ご使用前に必ず目立たないところでお試しください。

防水スプレー



4.付着したばかりの汚れは、ぬるま湯に浸して固く絞った布でふき取って下さい。
ふき取った後はすぐの乾燥が必要です。
古い汚れは、落ちづらくなっていますので、無理に擦ったりして、革の色が剥がれてしまわないよう、ご注意下さい。


5.革製品をご使用にならないときは、よく乾燥させたうえ、付属の布袋に入れ、風通しの良い場所に保管下さい。
直射日光に長時間あてますと、色落ちの原因にもなりますので、お避け下さい。




スエード
1.スエードは起毛部分に汚れがたまりやすいため、お手入れはブラッシングがメインとなります。
汚れを落とすとともに毛を起こしながらブラッシングをします。
なお、スエードは非常にデリケートな素材なのでやり過ぎには注意してください。
汚れは放置したままですと、落ちにくくなりますので、こまめなブラッシングが必要です。

スエード



2.頑固な汚れが付いた場合は、スエード用の消しゴムで軽くこすって落とします。
汚れやホコリを落としたら、仕上げに起毛皮革専用の防水スプレーを吹きかけてください。
なお新しいスエードほど汚れが付きやすいため、まず防水スプレーのご使用をおすすめします。


3.革製品をご使用にならないときは、よく乾燥させたうえ、付属の布袋に入れ、風通しの良い場所に保管下さい。
直射日光に長時間あてますと、色落ちの原因にもなりますので、お避け下さい。